自毛植毛の特徴とは?

自毛植毛は、自分の後頭部から側頭部にかけての髪の毛を薄毛が気になるところに植え付ける、そんな移植技術でございます。

後頭部から側頭部の髪の毛は薄毛と言われているところと違って男性ホルモンの影響を受けにくいので一生太くて丈夫な髪の毛が生えてくる所でございます。

その髪の毛を移植すると薄毛の部分の毛根ではなく後頭部から側頭部の部分の毛根に生まれ変わりますので太くて丈夫な髪の毛が生えて来ることになります。

はげになりたくない人、今現在薄毛に悩んでいる人はぜひとも自毛植毛をやっていただきたいと思います。

こんなすばらしい方法があったなんて知りませんでした。

それにしてもコスト面ですよね、問題は。

それと、急に増えたのでは周りの人の反応にも困ってしまいます。

自分も恥ずかしいなんて思うかもしれませんね。

さまざまな植毛法がございますが、人間の毛髪は2~3本ずつの束が2ミリくらいの間隔で生えているのです。

その生えているまま植毛するのがマイクロ植毛と言います。

人の手で植え付けたとは思えないほどの自然な仕上がりでございます。

自毛植毛の特徴としてニードル法を用いますので間隔や方向や角度も自由自在に植えることができます。

特殊な機械を使用いたしますから傷口は小さいのが良い所です。

移植が終わったら、水泳やスポーツなども普通に出来ますし洗髪なんかも普通に出来ます。

かつらではそうはいかないと思います。

かつらは水泳の時は外さないといけません。

みんながかつらをつけていることを認識していれば問題はないのですが、いきなり薄毛を披露してしまっては初めての人はビックリしてしまいますし、本人も傷ついてしまいます。

その点では自毛植毛は水泳でも何でも自然ですし自分の髪の毛ですので全く何の問題もございません。

これを開発した人は薄毛の人に勇気を与えたと思います。

ただどこのクリニックに行くべきなのか、クリニックの中のどの先生が担当になるかで変わってくると思います。

親身になってくれる医者とそうでない医者がいると思います。

自毛植毛で変わりたい方はここ

デリケートな問題ですので親身に考えてくれるお医者さんがいいですね。